コレさえ読めば大丈夫!訪問看護転職手引き👉 CLICK!

非常勤看護師が気になる!常勤と比較し徹底解説|オススメは訪問看護

・看護師として働きたいけどプライベートと両立したいから非常勤が気になる
・常勤と非常勤、具体的には何が違う?
・非常勤看護師として働くならオススメの職場はどこ?

看護師の非常勤という働き方は、プライベートも充実させたい方にとってよい働き方です。

でも、「看護師の非常勤勤務についてしっかり理解できている!」という自信はありますか?

仕事は人生の質を大きく左右します。
非常勤は常勤と比べて具体的にどのような点が違うのかしっかり理解してから働き方を決めていきたいですよね。

当記事では、非常勤看護師について常勤と比較しながら徹底解説します!

当記事でわかること
  • 非常勤看護師とは?
  • 常勤看護師と非常勤看護師の違い
  • 非常勤看護師のメリット・デメリット
  • 非常勤看護師がオススメな人
  • 非常勤看護師で働くなら訪問看護がオススメな理由
当記事を読んでほしい人
  • 非常勤看護師という働き方が気になる人(子育て中、介護がある、ゆるく働きたいなど)
  • 訪問看護が気になる人
この記事を書いている人
シュガー
  • 看護師歴21年、訪問看護師歴11年目
  • 訪問看護大好き😆🌸
  • 転職経験3回|3か所の訪問看護ステーションでの勤務経験あり
  • あなたの訪問看護転職を全力で応援したい!笑顔で生き生き働ける看護師さんが増えることを心から願っている
シュガー

現在子育て真っ最中のわたしは訪問看護の非常勤勤務で働いています!今の働き方にとっても満足していますよ♬
ぜひ最後まで読んで、あなたもじっくり考えてみてくださいね!


\ 非常勤の求人を探すならココ!/




目次

非常勤看護師とは?常勤看護師との違い

非常勤看護師とは、一般的にパートやアルバイトで働く看護師のことを言います。

常勤看護師と非常勤看護師の違いを表にまとめました。

\常勤と非常勤の違いを比較/

非常勤
(パート)
常勤
勤務時間1週間の勤務時間が40時間未満1週間の勤務時間が
最大40時間
雇用期間場合によって取り決めがある取り決めがない
給与形態時給・日給月給・年俸制
有給使える使える
福利厚生充実していない
ことが多い
充実していることが多い
仕事内容常勤に比べ
責任が重い仕事が少なめ
責任ある仕事が多い傾向あり
シュガー

詳しく説明しますね!

勤務時間

常勤と非常勤の大きな違いは勤務時間です。

会社が決めた所定労働時間を働いている人
⇒「常勤
会社が決めた所定労働時間より短く働く人
⇒「非常勤

常勤の勤務時間は、1日あたり8時間、週に5日間勤務で、1週間に最大40時間が基本です。

一方、非常勤の勤務時間は、職場と相談の上自身の希望に合わせて働く日数や時間を柔軟に決めることができます。

シュガー

ライフスタイルに合わせて無理なく希望の働き方ができるのが非常勤勤務大きな魅力ですね!

雇用期間

雇用期間についても違いがあります。

雇用期間の取り決めが、
ない⇒「常勤
場合によってある⇒「非常勤

しかしそれは各職場によって違います。

シュガー

わたしの勤務先は非常勤勤務でも雇用期間の取り決めはなく、無期限で雇用してくれていますよ〜。

給与形態

給与形態については、以下のような特徴があります。

常勤⇒月給や年俸
非常勤⇒時給や日給

非常勤のボーナスや退職金については職場の取り決めにより各々で違います。
取り決め次第ではもらえる場合もあります。

シュガー

わたしの以前勤めていた訪問看護ステーションは非常勤勤務者もボーナスがもらえました。

有給

有給については、常勤でも非常勤でももらえます。

有給は、働いた時間や日数によって取得できる日数が決まります。

ちなみに厚生労働省が定めている年次有給休暇の付与日数は以下です。

【週30時間以上もしくは週の所定労働日数が5日以上働いている場合】

継続勤務年数0.5年1.5年2.5年3.5年4.5年5.5年6.5年以上
付与日数10日11日12日14日16日18日20日
厚生労働省HPより

【週所定労働日数が4日以下かつ週所定労働時間が30時間未満の場合】

週所定労働日数1年間の所定労働日数継続勤務年数0.5年継続勤務年数1.5年継続勤務年数2.5年継続勤務年数3.5年継続勤務年数4.5年継続勤務年数5.5年継続勤務年数6.5年以上
付与日数4日169〜216日7日8日9日10日12日13日15日
付与日数3日121〜168日5日6日6日8日9日10日11日
付与日数2日73〜120日3日4日4日5日6日6日7日
付与日数1日48〜72日1日2日2日2日3日3日3日
厚生労働省HPより
シュガー

非常勤でも働いた日数に応じて有給はもらえる!
嬉しいですよね♬

福利厚生

福利厚生は、常勤のほうが手厚く、非常勤は必要最低限のことが多いです。

福利厚生とは、

企業が従業員に対して通常の賃金・給与にプラスして支給する非金銭報酬

のことです。

福利厚生は以下の2つがあります。

  • 法律で定められている「法定福利」
  • 会社が独自に作っている「法定外福利」
法定福利社会保険、雇用保険、介護保険など
法定外福利住宅手当、交通費補助、健康診断、社員旅行など

法定福利については、要件を満たせば(社会保険なら週30時間以上勤務等)非常勤勤務でも常勤同様に利用することができます。

しかし、法定外福利については職場の取り決めによって異なります。

シュガー

わたしの職場は非常勤勤務でも交通費補助もありますし、
年1回の健康診断もありますよ〜。

仕事内容

仕事内容については、以下のような傾向があります。

常勤⇒責任の重い仕事を任されることが多い
非常勤⇒責任の重い仕事は少ない傾向あり

非常勤は常勤に比べ責任の重い仕事は少ない傾向があります。

必ずしも非常勤勤務の方が楽というわけではありませんが、それでも常勤と比べると時間内で終わるように業務が調整されていたり、急な欠勤にも対応できるような仕事内容であったりする場合が多いです。

委員会活動や会議への出席等も、非常勤勤務者は出席を求められないことが多いです。

シュガー

ただし、職場の環境や働く会社の方針などによっては、非常勤勤務者も常勤と変わらない仕事内容の場合もあります。

非常勤看護師で働くメリット7選

上記の特徴を踏まえ、非常勤看護師として働くメリットは以下の7つです。

  • 時間にゆとりが持てる
  • 残業がない(少ない)
  • 常勤と比べ休みやすい
  • 重要な役割を担うことが少ないので精神的負担が軽い
  • ダブルワークも可能
  • 未経験者やブランクがある人でも働きやすい
  • 非常勤から常勤になることも可能

順番に解説します。

時間にゆとりが持てる

非常勤で働く場合、かなり時間にゆとりが持てます。

前述したように、常勤で働くと週40時間は勤務となります。

例えば…
  • 週5日:8:30〜17:30まで
  • 週6日:8:30〜17:30までの日が4日、8:30〜12:30までの日が2日

しかし非常勤の場合、職場と相談の上、自身の希望に合わせた勤務が可能です。

例えば…
  • 週3日:午前中のみ
  • 週5日:9:00〜17:00
シュガー

常勤でも子供が3歳未満である場合や家に要介護者がいる場合などは「時短勤務」が法律上可能ですが、入職1年未満の場合は使えないこともあります。
その点、非常勤であれば勤務日数や時間をあなたの希望にあわせやすいですよ。

シュガー

子育て中であるわたしは、時間の余裕は心の余裕につながるということを痛感しています!
今はパート勤務以外考えられません😭✨

残業がない(少ない)

非常勤は残業が少ない傾向があります。

非常勤勤務者の業務は、基本的に時間内に終わるよう調整されていることが多いです。
委員会や会議への参加も基本ありません。

残業することなく帰れるのは大きなメリットです。

シュガー

保育園のお迎えも余裕で間に合います!😆

常勤と比べ休みやすい

非常勤は常勤と比べ休みやすい傾向もあります。

  • 常勤に比べ責任が重い仕事が少なめ
  • 勤務している日数や時間が少なめ

上記のような理由から、常勤勤務者と比べると休みやすい傾向があります。

シュガー

わたしも子供が小さいのですぐ熱を出したりするんです💦
そのような時もお休みをいただきやすいのは本当に助かっています😭✨

ダブルワークも可能

非常勤勤務の場合、ダブルワークも可能です。

シュガー

わたしは訪問看護ステーションで非常勤勤務をしていますが、同じく非常勤勤務のスタッフでダブルワークをしている方がいますよ!

  • 複数箇所の職場を経験することで、いい職場にめぐり会いやすい
  • いろんな分野の職場を経験できる
  • 収入アップ

ダブルワークにもメリットがありますよ✨

重要な役割を担うことが少ないので精神的負担が軽い

前述したように、非常勤の場合、常勤に比べ責任が重い仕事が少なめです。

責任が重い仕事が少ないと、精神的な負担も軽くなります。

シュガー

プライベートも忙しい場合、仕事での精神的負担は軽いほうが断然ストレスが溜まりません!

未経験者やブランクがある人でも働きやすい

仕事内容は、責任の重い業務は常勤が請け負うことが多いです。

未経験者やブランクがある人がいきなり常勤で勤めるということは少しハードルが上がります。

慣れるまでは特に家庭・プライベートとの両立に困難を覚えるかもしれません。

その点非常勤勤務で働きはじめる方がハードルが低いと言えます。

シュガー

最初はハードルが低いほうが安心ですよね。

非常勤から常勤になることも可能

非常勤勤務から始めて、ライフスタイルの変化に合わせてゆくゆくは常勤として勤めることも可能な職場もあります。

将来の働き方も見据えてその点も確認して入職を決めると、さらにあなたの将来の選択肢が増えます。

シュガー

非常勤勤務から始めることは、今のライフスタイルにあうというメリットと、将来この職場で常勤として働いていけそうか見定めるよい期間にもなるというメリットもあったりしますよ。

非常勤看護師で働くデメリット3選

逆に、非常勤看護師として働くデメリットは以下の3つです。

  • 年収が下がる
  • 福利厚生が充実しない可能性
  • スキルアップはゆっくり

順番に解説します。

年収が下がる

非常勤の場合、常勤と比べ年収は下がります。

シュガー

働く日数や時間が違うので当然です💦

また、非常勤の場合、ボーナスや退職金ももらえない可能性があるのが悲しいところです。

福利厚生が充実しない可能性

非常勤の場合、常勤勤務者と同等の福利厚生が受けられない可能性があります。

前述したように、福利厚生には

  • 法定福利厚生
  • 法定外福利厚生

の2つがありますが、非常勤の場合、法定外福利厚生が常勤に比べ待遇が悪くなってしまう可能性があります。

シュガー

例えば、
・住宅手当
・特別休暇
・社員旅行
など、受けられない可能性が💦
納得の上、非常勤勤務を選べるか、ですね。

スキルアップはゆっくり

常勤と比べ非常勤の場合、スキルアップはゆっくりとなります。

  • 働く日数や時間が少ないため
  • 重症患者は受け持たなかったり、責任ある役割も担わないため
シュガー

わたしも「今は子育てとの両立が第一」という自分軸を持って非常勤として働いています🙂

非常勤看護師という働き方が向いている人

非常勤看護師という働き方が向いている人は以下のような方です。

  • 育児や介護と両立しながら働きたい人
  • ワークライフバランスを保ちたい人
  • 少しずつ仕事に慣れていきたい人

非常勤勤務は、自身で働く日数や時間を決めることが可能であり、日々時間に余裕を持つことができます。
残業も少ないため、育児や介護との両立がしやすいです。

また、ブランクがある方の場合、非常勤勤務だと少しずつ仕事に慣れていくことができますよ✨

非常勤看護師で働くなら訪問看護がオススメ!

非常勤看護師で働くなら訪問看護がオススメです。

シュガー

わたしも訪問看護ステーションで非常勤勤務をしています!
バッチリ子育てと両立できています✨

\訪問看護の非常勤勤務がオススメな理由/

  • 勤務形態がより柔軟に選びやすい
  • 時給が高め
  • 看護師としてスキルアップしていくことができる
  • やりがいがある

順番に解説します。

勤務形態がより柔軟に選びやすい

訪問看護の非常勤勤務は、病棟・クリニック・施設などと比べてさらに勤務形態を柔軟に選びやすいです。

  • 「週1回午前中のみ」も可能
  • 「〇〇曜日の〇〇時〜〇〇時」という選び方も可能

あなたの希望にあわせて働く曜日や時間を相談できます。

シュガー

最初は少ない勤務日数から始めて、慣れてきたら徐々に増やすことも可能なステーションが多いですよ!
最初から無理はせず、あなたのライフスタイルにあわせて余裕を持ちながら働けます。

シュガー

ちなみに訪問看護は、夜間帯に利用者さんから相談・緊急訪問依頼があったときに対応する「オンコール当番」というものがありますが、
非常勤勤務者は基本その役割はありません。
夜間帯の勤務はまったくないので家庭と両立しやすいです!

時給が高め

数ある看護師の非常勤勤務の中でも、訪問看護は時給が高めであることが多いです。

地域差はありますが、

シュガー

わたしの時給は2000円です!
高いほうだと思います✨

看護師として着実にスキルアップしていける

訪問看護の対象者はとても幅広いです。
年齢も小児から高齢者までと幅広いですし、疾患も様々です。

基本的な看護技術はもちろん、医療処置が必要なケースもあります。

なので、日々学びの連続です!

シュガー

非常勤勤務だとしても着実に看護師としてスキルアップしていけますよ!

人生においても役立つ経験や知識が身につく

訪問看護では、様々な人の人生に触れる機会がたくさんあります。

そんな関わりを通して
自身の人生観も磨かれ、訪問看護をやっていなければ感じたり考えたりすることのなかったことを考える機会に巡り会えたりします。

人はいつ介護や在宅療養が必要な状況になるかわからないものです。
自分も。自分の家族も…。

そんな時、訪問看護での経験は必ず大きな知識・武器となります。

あなたやあなたの大切な家族が万が一在宅看護が必要になった時、自身の知識や経験が非常に大きな力となります。

シュガー

そういう意味でも訪問看護は経験してみて絶対損はない分野ですよ✨

非常勤看護師になるためにオススメの看護師転職サイト

非常勤で働ける職場の情報収集に看護師転職サイトを使ってみましょう。

利用は無料で、まずは情報収集のみでもOKです。

非常勤の求人も多数ある看護師転職サイトは以下の3つです。

\登録してみよう!/

  • 看護のお仕事
  • マイナビ看護師
  • 医療ワーカー

いづれの転職サイトも全国対応で、求人数が豊富です。
ぜひ利用して情報収集してみてくださいね😆

クリックすると公式サイトに飛べるよ♬

【看護のお仕事】▶公式サイト

【マイナビ看護師】▶公式サイト

【医療ワーカー】▶公式サイト

プライベートも大切にしたいなら非常勤看護師という働き方もあり!

\まとめ/

非常勤看護師とは、パートやアルバイトで働く看護師のこと

非常勤看護師のメリット

⭕時間にゆとりが持てる
⭕残業がない(少ない)
⭕常勤と比べ休みやすい
⭕重要な役割を担うことが少ないので精神的負担が軽い
⭕ダブルワークも可能
⭕未経験者やブランクがある人でも働きやすい
⭕非常勤から常勤になることも可能

非常勤看護師のデメリット

△年収が下がる
△福利厚生が充実しない可能性
△スキルアップはゆっくり

非常勤看護師という働き方が向いている人

🌸育児や介護と両立しながら働きたい人
🌸ワークライフバランスを保ちたい人
🌸少しずつ仕事に慣れていきたい人

非常勤看護師で働くなら訪問看護がオススメな理由

✍勤務形態がより柔軟に選びやすい
✍時給が高め
✍看護師としてスキルアップしていくことができる
✍やりがいがある

非常勤看護師になるためにオススメな看護師転職サイト

看護のお仕事
マイナビ看護師
医療ワーカー
(👆それぞれ公式サイトに飛べます)

あなたがプライベートと仕事を両立しながら無理なく働いていけることを心から願っています。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

あなたの転職活動に強い味方はいますか?
忙しい日々に流され、
行動できずにいませんか?

行動することで必ず人生は変わる!
その一歩があなたの未来を変えますよ🌸

\ 転職成功にグッと近づく!

👇ポチッと応援お願いします♬

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

看護師歴21年、訪問看護師歴11年目 | 転職経験3回 | 3か所の訪問看護ステーションで勤務経験あり | プライベートでは2児の母 | 訪問看護大好き | 生き生き楽しく訪問看護をするために職場選びは超重要! | 訪問看護をやってみたい方の失敗しない転職を全力で応援✨

目次